スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松丸本舗という本屋さんが、本棚と置き方を変えただけで売上が上がったという話し。

マンガや文庫本も関係なく一緒にして、「テーマ」でジャンル分けして本を配置したそうです。
例えば、「男本・女本・間本」などのコンセプト。

著名人の蔵書をまったく同じように本棚に公開したり…。
横積み、重ね置き、開きっぱなしなど、置き方にも工夫をしてます。

結果、顧客の滞在する時間が増え、客単価が倍増したとのことでした。


この発想って素晴らしいと思うんです。
今までの価値観が正しいのか?ということになってきますよね。

一般的な本屋さんと同じような置き方になっていると、いつも決まったところしか見ません。
ビジネス書ならその周辺だけ、ファッション誌ならそのコーナーだけ…。

この従来の手法だと、同じ場所しか見られませんし、他のジャンルに手を伸ばすことはしませんよね。
ところが、漫画や雑誌も一緒くたになっていると、普段は読まない本も読む可能性が出てきます。


なるほど~と、思わず唸ってしまいました。

自分の枠を外すのが大切なのですが、普段は枠に入っていることすら気付かないので、そこから抜け出すことって難しいんですよね。
そんな中、松丸本舗さんの取り組みは素晴らしいものだと思いました。

枠を外すことを考える。
考える時間を確保していきたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HP運営お助けメルマガ
メルマガ登録・解除
Web業界で本気で生き残りたい方、HPで成功したい方以外は登録しないでください。

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。