スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトタイムマーケティングとは?

ライトタイムマーケティングとは、消費者が欲しいと思った瞬間に、
最適な接触を試みるという方法です。

例えばクレジットカードを作った顧客に対し、
すぐに使い方やサービスのダイレクトメールなどを送り、
実際に使ってもらうということなどがあります。

マクドナルドで何かを注文した際に、
「ポテトもご一緒にいかがですか?」と尋ねるのも、
ライトタイムマーケティングと言えるでしょう。

インターネットの場合では、データが残るのでそれを分析し、
最適な方法を探るというやり方もありますが、
それでは実行に移すまで時間もかかってしまいます。

ライトタイムマーケティングの場合は、
いかにして最適な状況を早く見つけられるかどいうことも重要です。

アマゾンでショッピングカートに商品を入れた際、
類似商品が自動的に表示されますが、
まさに最適な瞬間に最適なアプローチをしています。

一度、仕組み作りさえ出来てしまえば、
データを解析しなくても十分効果が出せる場合もあります。

ライトタイムマーケティングという難しい名前を付けてはいますが、
顧客目線で、そして商品目線で、
どのようにアプローチが出来るのかというセンスが求められているのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HP運営お助けメルマガ
メルマガ登録・解除
Web業界で本気で生き残りたい方、HPで成功したい方以外は登録しないでください。

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。