スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯の使い道

携帯ユーザーの多くは買物を携帯でするようなイメージがありますが、実際に購入したことがある人は半数くらいだそうです。

これを多く見るか少なく見るかは人それぞれですが、少ないとしてもまだまだのびしろがあるということですよね。
ただ利用者の多くがAmazonや楽天なので、一般の携帯サイトはどうなのでしょうか?
フルブラウザになり、パケホーダイに加入していれば携帯サイトを見る必要もありません。

実際、私は携帯サイトほとんど見ません。
情報が少なすぎるので…。


おサイフケータイの利用者も増えていっているようですが、完全に普及したと言えるまでには時間がかかりそうです。
使っていない多くの方が言われるのが、使い方がわからないということ。
それと安心出来ないということ。

私も先日、携帯を買い換えたのですが機能が豊富過ぎて、結局はいつもと同じものしか使ってません。
世界で売れない日本の携帯は、技術ばかりが先行してユーザーが追いついていない気がします。

技術を活用出来ないというのももったいないですよね。
技術の進歩が便利なのか不便なのか…。
わかりにくいところもあります。

そういうところにもビジネスチャンスが転がっていそうですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 携帯電話 - ジャンル : 携帯電話・PHS

まだまだ浸透しないモバイル検索

Webマーケティングガイドの調査によると、
モバイルによるネット使用の人は増えてはいるものの、
まだまだ浸透には程遠いことがわかりました。


調査結果からわかったものは次のようなことです。

・70%以上の人がモバイル検索に積極的ではない
・モバイルを中心に利用する人はモバイル人口全体のわずか0.6%に過ぎない
・モバイル検索の利用度は年齢層が低下に比較し上昇する
・10代の年齢層でもモバイル検索をよく利用する人は50%以下に過ぎない
・PCの検索利用シーンとモバイルの検索利用シーンに大きな差はない


主な利用者層は、若年層、学生、アルバイターなどであり、
それらに向けた商品やサービスであるならば、効果は見込めるでしょう。

いずれにせよ、モバイル検索はまだまだ不便で使い勝手が悪いです。
公式サイトばかりが上位表示されることも、メリット・デメリットがありますしね。

いまだモバイル検索エンジンの性能が上がらないことからも、
検索エンジンはモバイル検索に力を入れておらず、
将来的にPCと同じ検索になるのかもしれないと想像してしまいます。

テーマ : 携帯電話 - ジャンル : 携帯電話・PHS

携帯電話の契約数(2008年)

2008年度の各携帯キャリアの契約数ですが、
4月頃からソフトバンクが純増数1位をキープし続けていたようです。

データは2008年の9月末のものですが、お伝えしておきます。

【契約者数】
ドコモ:5393万7000人
au:3045万1700人
ソフトバンク:1963万3200人

【純増数】
ドコモ:12万9700人
au:7万4900人
ソフトバンク:14万2800人

【増減率】※2008年8月末との差
ドコモ:+0.2%
au:+0.2%
ソフトバンク:+0.7%

まだまだドコモ有利な状態と、ソフトバンクが3番手なのは変わりありませんが、
僅かずつでも、差が縮まってきている傾向にあります。

さて、この傾向が2009年度からどうなっていくのでしょうか。
携帯電話の速度もブラウザも大きく進化していくことと予想されますが、
ネットショップをしている人にとって、携帯へのメルマガはいまや必須。

携帯電話の動向は常に気にしていきたいものですね。

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル : 携帯電話・PHS

HP運営お助けメルマガ
メルマガ登録・解除
Web業界で本気で生き残りたい方、HPで成功したい方以外は登録しないでください。

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。